即日発行のクレジットカードはどうなの?

年会費などのかからないクレジットカードが発行されています。その中でも、デパートなどと提携しているクレジットカードは、キャンペーンなどで当日に入荷宇することのできる即日審査、入会を行っていて、お店では、クレカを利用することでお得になる時期に、非常に人気が高まるのだそうです。


クレジットカードを持っているだけでこんなに違うの?

お店によって変わりますが、年会費がかかるクレジットカードだとしても、年間で1000円程度、この分も利用金額に応じて、商品券などで戻ってくるので、実質無料で利用できるクレジットカードが増加していると考えられています。持っているだけで、会計から割引になる、提示するだけでお得になることもあるなど、受けることのできるサービスが大きく変わることもあります。


当日発行はだいたい30分程度

当日発行を行っているクレジットカードの場合、待ち時間はすいているときで30分程度です。その間はお店を見ていても、お茶をしていてもかまいません。結果はカード受付カウンターで知ることができるのですが、このときにカードを作れるとなった場合に発行されるのは仮カードと呼ばれているものです。電子マネーなどのサービスは使えないことが多いので気を付けましょう。

クレジットカードでの支払いをおすすめする理由

支払い方法を選ぶ時、真っ先に思いつく手っ取り早くて確実な方法は現金決済でしょう。
日本の通貨なら国内どこでも支払うことができます。まとまった大きな支払いでもそれだけの額現金を用意することができればその支払いを行うことができます。
たとえ車でも、家でもです。
ですが大きなまとまった額支払うのならなおさらおすすめしたい支払い方法が、クレジットカード決済です。
クレジットカードならその場で必要になっているお金を支払うこともなく、後々まとめてその代金を支払う特殊な支払い方法。その時までに必要になるお金を用意しておく必要があります。


クレジットカードの支払いならまとまった買い物に最適

家電製品を買う時など、まとまった支払いが必要な時こそクレジットカードの出番です。
それだけの現金が手元になくても支払いが可能。しかもその支払い額が大きければ大きいほど還元率にしたがいポイントを得ることができるのです。
ポイントを自由に使ったりマイルに変換したりすることにしましょう。限度額までなら自由にショッピングや食事を楽しむことができます。限度額の設定はそのカードの種類によって異なりますから、頻繁にカードを使うことを予定していれば限度額設定に余裕があるカードを使うことにしましょう。


申し込んでからすぐに手に入るカード、そうでないもの

カードを申し込んでその後審査を受け、実際にそのカードが手元に届き利用できるようになるまで時間が違います。
中には即日手に入るカードもありますから、早くカードが欲しいと思っているなら発行日数が短いカードを選んで申し込みを行ってください。

クレジットカード審査を申し込むのに良い方法とは

クレジットカード審査の申し込み方法は、インターネットがおすすめです。
審査というと、カード会社の窓口へ行って受けるというイメージをもっていないでしょうか。
今は店頭窓口だけでなく、郵送やインターネットなどでの申し込みも出来るようになりました。
なかでも、インターネットにはいくつかのメリットがあるので、ご紹介いたします。


特典が盛りだくさん

さまざまなカード会社が、インターネットでの入会時のキャンペーンに力を入れています。
なぜかというと、窓口や郵送の場合にどうしても必要になる手入力の作業を省くことができるからです。
それにより、人件費を削減することが出来るようになり、その分を特典として還元しているわけです。
また、ネットショッピングをよく利用する層で新規顧客を狙うためのインターネットとも言えます。


クレジットカードをより早く手に入れられる

前述したように作業の工程を減らすことができるため、クレジットカードを早く手に入れることが出来ます。
通常、発行に1週間ほどかかっていたものが、3営業日程度に早くなりました。
早めにクレジットカードを手にしたい方に向いています。
これらの理由から、現在のカードはインターネットで作ることをおすすめします。

最初のクレジットカードを作るときに便利な家族カード

学生などがクレジットカードを作る場合、過去にクレジットヒストリーがないことから審査などの問題もあるそうです。年齢の面からも、作れないということはないのですが、初めてのクレジットカード選びは、親も心配が多いかと思います。


クレジットカードは家族カードで安心も

多くのクレジットカードでは、家族カードという家族会員を追加することが可能になっています。中でもステイタスカードなどでは、家族一人であれば、年会費もかからずに利用できるものがあるそうですから、お得になりますね。また、利用明細などを一括請求で親に送ることも可能なケースが多いので、親許を離れて一人で暮らしているという学生でも安心です。


クレヒスができると審査に通りやすくなることも

請求されたお金が後払いになるので、きちんとお金を払っていますよ、という能力はクレジットヒストリーに保管されることになっています。社会人になったときに、ゴールドカードなどを作るときにも、このヒストリーが影響するといった意見もあるようですから、若いときからカードはきちんとした会社で作って、信用を得ておくというのも、必要なことだそうです。年会費がかからないなどのお得なものと慣れたら併用するといいでしょう。

クレジットカードを選ぶ時は年会費をチェック

すでにクレジットカードを持っている人も多いようですが、やっぱり困ってしまった時には便利なものですよね。
普段はめったに使わないけれど、本当に困ってしまった時に使いたい、そう考えている人もいるのでは?
そういう人は、年会費が永年無料となっているカードを選ぶようにした方がいいかもしれないですね。
あまり使わないのに、年会費を毎年支払うのはなんだかもったいないような気がしますからね。


クレジットカードの審査は厳しい?

クレジットカードを発行してもらうには、審査を通過する必要があります。
確認されるのは住所とか連絡先、勤務先などとなっているので事前に自分で確認しておくのがいいかもしれません。
ちなみに、よく聞く信用情報とはお金に関することなので、他社からどのくらい借入しているのかなども知られます。
ですから、他社から借入している人や何枚もクレジットカードを持っている人は審査に通れない可能性も。


どのように管理すればいい?

クレジットカードは、常にお財布の中に入れて大事に持ち歩くことがいいですね。
裏面にある黒い磁気ストライプは大事な部分なので、汚したり傷つけたりしないように気を付けて下さい。
また、電化製品に近づけたり紛失してしまう事のないよう、大切に保管をするようにして。
盗難に遭った場合は、勝手に使用されないようにカード会社へ連絡を。

エンボスレスのクレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードは数字や名前などがデコボコしているイメージがあったと思います。この加工をエンボス加工と呼んでいます。しかし、現在はパスモやスイカのように表面がつるっとしたクレジットカードが増加したと思いませんか?即日審査を行っているクレジットカードも、仮カードはエンボス加工があっても、本カードではエンボスレスのものになることも少なくありません。


クレジットカードのエンボス加工は伝票に使っていた

クレジットカードのエンボス加工は、カードを切るときに伝票を発行する印刷で利用していました。そのため昔はこの加工がないとカードが利用できなかったのですが、現在は偽造されたクレカの利用などを防ぐため、磁気などが利用されているそうです。そのため、エンボス加工が必要なくなったのだそうです。これにより、カードがお財布などでかさばらない、電子マネーなどであれば、自動券売機などでも利用できるというメリットが生まれました。


海外で利用するときは注意が必要

日本ではエンボスレスのクレジットカードで利用ができないということが滅多にありません。しかし海外の発展途上国では、まだまだこのようなエンボスレスカードが利用できる場所が少ないそうです。エンボス加工のあるもので伝票を作るというお店も多いので、海外に出かけることが多い人は、気を付けましょう。日本だけで利用する場合には、そこまで気にしなくてもいいそうです。

クレジットカードのネット会員サービスを活用しよう

クレジットカードではインターネット上に自分のカードや住所の情報を登録することで、さまざまな変更手続きをペーパーレスで行えるサービスが増加しています。これはクレジットカード審査、発行受付時にはまだ何もないもので、任意で登録するものです。


クレジットカードの支払い回数も管理できる

クレジットカードの支払い回数は、1回から複数回まで、自分で選ぶことができますよね。その時は支払えると思っても、思った以上に出費の多かった月などにおすすめなのは、インターネットから支払い回数を変更できるサービスです。封書などを送る必要もなく、パソコンやスマートフォンからすぐに変更できるので、いつでも支払い金額を管理することができるというメリットがあります。


ペーパーレスにするだけでポイントが貯まることも

締め日の後に明細が郵送されてきますが、そのサービスを利用せず、ネットだけで明細を確認するだけでポイントが還元されることもあります。これは郵送にかかる分のお金をサービスとしてポイントに充当していると考えられています。郵送にしない場合はネット上の明細だけですべてを管理する必要がありますが、その還元されたポイントはもちろん、ものを購入して貯めたポイントと同じように利用できるので嬉しいですよね。

クレジットカードを使い分ける

年会費や入会費のかからないクレジットカードが増加し、自分の持っているクレジットカードの枚数が1枚だけ、いう人も少なくなっているかと思います。特に作って、その会社で利用することでポイント還元率やキャッシュバックが多くなるものが多いことから、インターネット通販によってカードを使い分けるという人は少なくないと思います。


ポイントを分散させすぎないで

クレジットカードを所有しているだけであれば、余計な経費がかからなくなっています。そのため、ポイントに合わせてクレジットカードそのものばかり増えてしまう、というのも考えものです。もちろん、使い分けることでお得になることもたくさんありますが、できれば5枚以内に抑えておくといいかもしれませんね。審査の前に自分の管理できる枚数というのを考えましょう。


クレジットカードのキャンペーンで使い分ける

セール前など、クレジットカード会員限定で利用することのできるお値打ち品などもあるそうです。そのため、カードはキャンペーンを行う場所によっても使い分けることで安くなることが考えられます。自分でどこのカードをいつ、どこで利用することがお得になるかを区別できる枚数を所有し、使い分けることでお得に便利な生活を送ることがきっとできるでしょう。

日本人こそクレジットカード?

クレジットカードを所有して日常的にカードを使う、というのは日本人にはまだ少ないかと思います。特にアメリカなどの海外では、現金は必要最低限身に着けるもので、通常の支払いはクレジットカードで行います。日本では逆で、一度で購入することが難しいものなどでカード決済をしますよね。審査でもお金がかかることはほぼありません。


エヴァのクレジットカードが話題に

三井住友VISAカードが発行を開始したのが、世界で人気の高いエヴァンゲリオンのクレジットカードです。日本では利用率の低さという点からも、ステイタスカードと呼ばれるゴールドカードなどを利用する人も少ないと言われていて、デザインの面でも非常に柔軟性があるのだそうです。アニメ柄のオリジナルクレカを発行している会社も多く、海外在住の人は日本のクレジットカードデザインに注目する人もいるのだそうです。


海外でかわいいカードは慎重に使おう

日本ではデザインで選ぶことのできるクレジットカードも非常に多いのですが、海外ではそうではありません。あまりに奇抜なデザインのものを利用すると、偽造かと疑われてしまうということもあったのだそうです。言葉の通じない国で厄介な事件に巻き込まれないためにも、海外旅行ではステイタスカードなどを発行している会社の物を利用すると安心かもしれません。

クレジットカードで便利にポイントも溜まる

クレジットカードを所有している人が増加しているそうです。インターネット上での買い物は、代引き手数料などもかかることなく利用でき、年会費などもかからないものも増えていることから、大学生や新社会人になったときなどのタイミングで発行する人が増加しています。


クレジットカードで家計簿も楽ちん

クレジットカードは作るときに審査が必要ですが、実際に作るまでに時間がかかるものではありません。また公共料金などもクレジットカード引き落としに対応したものが増えてきており、このおかげで引き落としの日程が違うものなども、一括で管理できるようになったと言われています。クレジットカードの引き落としは多くが翌々月の4日くらいなので、この日付を覚えておくだけでいいのです。


ポイントが貯まるので買い物がお得に

クレジットカードを所有しているだけで、ネットスーパーでは総量が無料になることもあると言われています。また、公共料金など必ず払わなくてはいけないお金でもポイントは貯まるので、ポイントを貯めて電子マネーなどにする人も多いと言われています。自動引き落としにすることで割引になる制度が現在もありますが、この割引サービス以上のポイントが貯まるなどのメリットがあるのであれば、口座振替からカード支払いを検討するのもいいかもしれません。